​お知らせ



10月1日より季節性インフルエンザの予防接種が始まります。


本年度、小矢部市では

・65歳以上の方を対象に予防接種費用を全額公費負担します

・また生後6か月から高校3年生等までの子どもを対象に、小矢部市内の医療機関で接種するインフルエンザ予防接種費用を全額助成します。


なお、当院では予防接種の取り置きや、予約は行っておりません。


◯65歳以上の方

・対象者:

65歳以上の小矢部市民(接種日当日の年齢)

60〜64歳で、心臓、腎臓、肝臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、厚生労働省で定める人

・実施期間:令和2年10月1日〜令和2年12月末日まで

自己負担:無料(今年度限り)

・接種回数:1回

・持参するもの:住所・生年月日を証明するもの(健康保険証等)

 予診票は各医療機関にあります。(個別通知はしておりません)


◯生後6ヶ月〜高校3年生等までの子ども

・対象者:小矢部市に住民登録のある、接種日において生後6か月から高校3年生等(平成14年4月2日~令和2年8月1日生まれ)までの児童

・対象となる医療機関:小矢部市内の医療機関

・実施期間:令和2年10月1日~令和3年1月31日

・助成金額:接種費用の全額(無料で接種できます。)

・接種回数:生後6ヶ月から満12歳まで1人2回まで

      満13歳から中学3年生まで、高校生等

     (平成14年4月2日~平成17年4月1日生まれの児童)1人1回まで

・必要なもの

 ・こども、または、ひとり親家庭等医療費受給資格証 《 区分A・Bの方 》

 ・母子健康手帳 《 区分A・B・C共通 》

 ・予防接種費用助成券及び問診票(下記を参照して下さい。)

   《 区分A・Bの方・・・・中学3年生まで 》

  1.予防接種費用助成券(お知らせ文書の裏面を利用又は市ホームページか

   らダウンロードできます。医療機関備え付けの助成券を使用する場合は、

   印鑑が必要です。)に必要事項を記入の上、医療機関窓口へ提出して下さ

   い。

  2.医療機関備え付けの問診票に必要事項を記入し、医療機関窓口へ提出し

   て下さい。

   《 区分Cの方・・・・・高校生等 》

  1.予防接種費用助成券<高校生等用>(事前に直接郵送します。)に必要事項

   を記入の上、医療機関窓口へ提出して下さい。

  2.医療機関備え付けの問診票に必要事項を記入し、医療機関窓口へ提出し

   て下さい。


◯小矢部市以外の富山県在住の未就学児(接種日において生後6か月以上)、小学生

富山県からインフルエンザ予防接種助成(未就学児・小学生対象)があり、対象者は当院におきましては自己負担ありません。

・対象者:

県内在住の

(1)未就学児(接種日において生後6か月以上)

(2)小学生

(義務教育学校前期課程及び特別支援学校小学部を含みます)

・対象となる医療機関:小矢部市内の医療機関

・実施期間:令和2年10月1日から令和3年1月31日

・助成金額:1回の接種につき上限3,000円

・接種回数:1人2回まで


◯上記以外の方

自己負担額は当院にお問い合わせください




当院で新型コロナウイルスに対する唾液によるPCR検査が可能となりました。


PCR検査を希望される方は、症状の有無に関わらず、来院前に電話連絡をお願いいたします。また、自家用車で来院いただきますようお願いいたします。


【保険診療(公費負担)の場合の条件】

①発熱などの症状があり、医師が検査を必要と判断した場合

②発症から9日以内

【自費診療の場合】

①「陰性証明」の発行が必要な場合

出張・帰国など国内移動時・海外渡航時・企業や団体における必要時・施設入所前 等

②無症状・濃厚接触者に該当しない・医師が新型コロナウイルス感染の疑いが低いと判断した場合

【来院前の御注意】

①検査に影響がでるため、来院直前には飲食、内服および歯磨きはしないでください。

②発熱等で脱水気味だと唾液が出にくいため、水分を十分にとってきてください。

③保険診療・自費診療のどちらの場合でも陽性と診断された場合は、保健所への届け出が必要となります。その際御本人の現在の状態を報告することが求められます。

医療法人社団薫風会

太田病院

内科・消化器科(胃腸科)・循環器科・小児科

©2019 by Ota Hospital